2005年10月の日記


「24-s」第9話 Up!
超お久しぶりです。もう忘れられてるかも…(汗)
でも、「Infinity World」の方が、ひたすら緊張を強いられる展開なので、ちょっと息抜き。

【09:Fluere】
「Fluere」とは、「流れる」という意味だそうです(byお題配布元)。
慎二は最後まで“えのもと”という名前に首を傾げたままですが…さて、読者様は、この名前、覚えてらっしゃるでしょうか。
“えのもと”氏が、日本が島国であったことに感謝をしてますが、それは多分、島国であるが故に気象変化が激しいからだと思います(海に囲まれ、陸が少なく、その割に結構高い山があるので、小さな国土の中で多種多様なお天気状態が発生してしまうのです)。
地軸の傾きには、結城も感謝してます。真っ直ぐだったら、人類だけじゃなく、大半の生き物は絶滅しますから(^^;
ところで、透子がやってる「雨の降るしくみ」。一部「え?」という部分もあったりするのですが、子供相手の説明ではあの程度が限界だと思うので、大目に見て下さい(^^;
(あれでも難しいかも、と実は思っている結城です)

ところでこの話、冒頭に佐倉が登場しますが―――よーく考えてみたら、“Clump Clan”のショーが既に終わってますね、この時期。
2005年10月1日(土) No.781

しあ  2005/10/02/22:56:47   No.782
気になったことがありましたのでメールしましたo(_ _*)o

四季の豊かなところ本当に日本は素晴らしい国なんだなと思わせます。
四季を感じると繊細で情緒あるこの国に生まれたのが嬉しくなりますね。
それもだんだんと薄れていってしまいそうで悲しいですが(´・ω・`)

お話のほうは今回もさりげに甘くて読んででにやけてしまいました(笑

結城とも  2005/10/02/23:14:43   No.783
>気になったこと
すみません、単純な脱字ミスです(^^;(2文字抜けただけで、意味不明な文章に……)
さっそく直しておきました。

「Infinity World」act10-1 Up!
キリリク行こうかどうしようか迷ったけど、やはりこっちに。
(うう、次のリク主のarcaさん、ごめんなさい…テンション面で、どうしても追いつきません)
仕事がちょっとシャレにならない状況なので、ちとペース落ちてます。ごめんなさい。今週1週間の辛抱です(だから仕事しろよ>自分)。

【10:棘 -1-】
北海道はどうした、と言われそうですが、まだ北海道には行ってません。
世の中はゴールデンウィークで浮かれてますが、登場人物は、みんなしてお仕事中です。働きすぎですね。
ううむ…今回のは、何もコメントできないなぁ。
コメントすると、痛すぎるコメントしか出てこない気がする。特に、ヒロ関係は。何も知らない奏が、実は一番痛々しいんじゃないかという気もしますが。
それにしても、「スコア」、「アンプ」、「ヴァン・ヘイレン」、「デッド・オア・アライブ」辺り、やはりリファレンス入りでしょうか?
(スコアもアンプも、結城には日常用語だけど、音楽全然やらない人にとっても日常用語なのかどうかが、いまひとつ不安)
2005年10月4日(火) No.784

紗uラ・3ロ  [E-Mail] [URL]  2005/10/06/09:51:03   No.785
すっかり北海道に着いてるものと思って読み始めたらまだ瑞樹が仕事してるし……。
デッド・オア・アライブと聞くとルパン三世の劇場版か、よく知らないけど知名度の高いゲームを連想します。
北海道編は次瞹ヒセ。浴u[C$ネ漫ΑΑΑρ^Udx°侭」ゥアサククテヤ蕣璧璧璽札MyjJ$齲・・・・・dbo{・劵ヲュコササテヤ・・・・吋。。及jC Y漫ΑΑΑ{b^cz・劵ュウココサヤ・・・・・カカ。

結城とも  2005/10/06/12:44:43   No.786

…最初の一文字から推理すると、紗崎さんでしょうか(^^;
化けまくってるので、できればもう1回投稿どうぞ。
(E-Mail、URLまで化けてる…凄いな)

「Infinity World」act10-2 Up!
あうう、ギリギリ8日(汗)
いやー、大変でした。仕事が。
おかしいなぁ。打ち合わせの時の倍の作業になってるのは何故なんだ。っつーか、2色刷りの筈がいきなりカラーって一体どういうことですか>U氏。
…というクライアント&その仲間への愚痴はおいといて。
大変、お待たせいたしました。

【10:棘 -2-】
全編、桜庭視点。過去最長だと思います。
…………。
はははははははー(滝汗)
なんちゅうか、もう、笑うしかないですね。かなりひきつってますが。
予想通りというか、なんというか、もう…桜庭には、これしか道は残されていなかったようです。ええ。
…ううむ。コメントのしようがないな。筆者側からは。
誰も悪くない、というところが、痛すぎるなぁ、とだけ言っておきましょう。
2005年10月8日(土) No.787

七瀬  2005/10/09/00:26:57   No.788
桜庭さんの気持ちが分かる故にああ、なんかもう、痛いなあ。
人間は感情の生き物だからといってそれに振り回されちゃいかんのだろうケド。桜庭さんをハグハグしてあげたいよ。

北都まーじゅ(mar)  2005/10/09/01:52:24   No.789
七瀬さん、ぜひハグハグしてあげてください……と言いたいくらいに痛い痛い切ない切ない。
ある意味では、自分のあずかり知らぬ所で起きた因縁に振り回されてるんですよね……最も近いのに最も遠い当事者で。

結城とも  2005/10/12/01:05:35   No.791
なんか…書けば書くほど、桜庭が1人負け状態(酷いっ)に見えてきて、結城も胸が痛みます。
胸が痛むなら、もっとなんとかしてやれ? ごもっともです…。

「Infinity World」act11-1 Up!
…ごめん。うそつきです。
ほんとは日付を、8分ほどオーバーしてます。
(温泉オフ告知を忘れてたのに気づいて、慌てて付け足してたら、日付変わってました…ハハハハハハハハ)

【11:呪縛 -1-】
いよいよ来ました、第11章。
あちこちから中継が行われております。ご了承下さい。
この章は、2001年5月4日(金)1日のみのお話です。2話もあるのになぁ。
なんでそうなるかは、まあ、見ての通り。…1話じゃ語れないですね、これじゃあ(汗)
とんでもないところで終わってますが、仕方ないです(^^;
この後どーなるんだよーっ! の答えは、次話にて。

なお、文中にある「バスの座席から転がって、乗客の夕飯のネタにされたと思われる」お話は、実話でございます。
ええ。思い切り転がり落ちまして、しかも、席に戻ろうとはいずっていったら、また転がりましたよ。
…こういう風だから、ネタだらけの人生とか言われるんだよな…(涙)

※追記※
「オフ会総合案内所」にて、温泉オフのご案内があります。
結城はノータッチなんですが、幹事さんが奔走されております。興味の有る方は、是非覗いてみて下さい。
2005年10月11日(火) No.790

「Infinity World」act11-2 Up!
…やだなぁ。とうとう、この日が来ちゃったか。
実は、ここ半年ほど、この日が来るのが一番怖かったので、現在、胃がしくしくと痛んでおります。

【11:呪縛 -2-】
問題の、11章第2話。
………………。
み、御子柴さん、カッコイイっすねー。その割に、登場人物表にすら、名前載ってないけど。
(と、全然関係ないところに逃げてみる)
ああああああ、怖いよー、怖いよー、読者反応が怖いよーっ(涙)
だったら書かなきゃいいんだろうけど、これ以外、どーしよーもなかったんですごめんなさいゆるして。
雨降って地固まる、じゃない、形あるものはいつか壊れる、じゃない…あー、説明ができない。とにかく、必然の産物です。諦めて下さい。
先にDiary読んでる人で、心臓に持病ある人は、念のため深呼吸してからお読み下さい。極力婉曲的に書いたつもりだけど、読み返すと心臓バクバクしてきます、結城の場合。

……ここで「次回更新はキリリクor24-sです」とか言ったら、どうなるんだろう?
(実行したら、結城の明日が、ないかもしれず)

※10/15追記
トップページより、アンケートを実施しております。
答えても特典とかはないんですが(^^; これを参考にサイトの向上をはかるので、是非ご協力お願いいたします。
2005年10月14日(金) No.792

 2005/10/15/00:45:43   No.793
 心臓に持病は無いですけど、流石に読んでいてキリキリ痛みましたね。ゼッタイ有り得ない!と思い込んでいましたし。ここで、あの二人のうちどっちかが現れないでくれよ〜と祈りながら読んでいました。もっと凄惨な結末になっちゃうよ〜って。結城さんの心臓の方が心配かも、です。

北都まーじゅ(mar)  2005/10/15/01:14:58   No.794
痛むというより……抜けない棘が心臓に直接突き刺さってる、そんな感じです。

……多分、どちらかがうまく立ち回れれば、もう少し違った結果になってたんでしょうね。
でも、二人の歩んできた道を考えると、どうしてもこんな結果になってしまう……それが、あまりにも悲しいというか……。

 2005/10/15/23:20:17   No.795
ただ心が痛みます・・・。
恐れていた事態になってしまいました。
これからは一層心して読まねば・・・・。

 2005/10/16/00:09:42   No.796
心臓止まりました…

いや〜な予感はしてたんです、
気のせいなら良かったのに。
これからも続く暗めのサブタイトルが凄く怖いです。

夜久乃  2005/10/16/01:30:29   No.797
こ…怖かったです。あれが必然、といわれてしまえば納得してしまう自分もいるのに…。

「Infinity World」act12-1 Up!
…ううむ。アンケート開始時期を誤ったかも。
“結城に一言”、読者様が身悶えてるのがありありと伝わるコメント続出で、読んでて心臓ドキドキです(^^;
あまり長く放置すると、とんでもないことになりそうなので、久々に1日おきアップです。

【12:Sin 〜罪〜 -1-】
鬼の引きだった11章の、15分後です。
ううむ…。瑞樹も蕾夏も痛々しいのに、実は一番痛々しい立場にあるのは奏なんじゃないのか、と結城は思ってみたり。
これで、“犯人”が、憎からず思っている兄貴分のヒロだと知った日には、奏はどうなっちゃうんだろうか…。今から少々、心配です。
とにもかくにも、3人とも、がんばれっ。

※私信※
「蕾夏はそこまで天然なんですか」とのコメントを下さった方へ。(以下、反転にてどうぞ)
辛いでしょうが、よければもう一度、11-2の冒頭をお読み下さい。再三、自分の弱みを周囲に晒したくない彼女の性格は描いてきたつもりですが、不十分だったかな…。
どうがんばっても、あの2人が喫茶店で和やかに話し合って、それで“解放”される光景は、結城には見えませんでした。そういう和やかな展開を期待されていたのでしたら、申し訳ありません。
この先、どれだけのプラスがあっても、このマイナスはあなたの中で覆らないかもしれませんが、覆る可能性を全否定されたのは残念です。何かの機会に、また別の作品でお会いしましょう。
(批判的意見大歓迎ですが、こちらからコメント返せない形はちと困ります…次回はメールか交換ノートでお願いしますね)


※10/17 1:24追記※
「蕾夏があの場所へ行ったのは納得がいかない」、「どうしてああなるか疑問だ」という方は、一応、BLOGをご覧下さい。
色々書きましたが、結果「まだその辺は書いてない」が答えです(^^;
(上の私信を、そうしたことの答えと誤解された方、すみません。これは本当に私信であり、書いた本人でないと、多分意味は分からないと思いますので、反転してがっかりしないで下さい)
2005年10月16日(日) No.798

夜久乃  2005/10/16/22:06:31   No.799
…何だか、すごく辛かったです。本当に、奏に出来ることが何なのだろう、と思わず考えてしまいました。

「Infinity World」act12-2 Up!
楽園で更新を確認されてる皆様へ:
どうも、またあのサイトの悪い癖が出ているようです。頻繁に「Step Beat」のデータが消えます。
(昨日、やっと復旧したと思ったら、今日また消えました)
できれば、他の検索サイトのご利用をお薦めします。ああ、また更新メンテができない…(涙)

【12:Sin〜罪〜 -2-】
やはり、こういう時は千里さんですね。下手に独りよがりに突っ走らない辺り、奏はやっぱり、基本的に育ちが良くて、良い子です。
冒頭に出てくるしゃれにならない悪友は…相当前に、蕾夏との会話の中にチラリと登場しております。彼が医師になったら、あの病院の未来は怪しいと思います。
奏は、情報が一気に流れ込んできてしまい、多分、頭がパンク寸前でしょう。ヒロに対する怒りも、それ以外の情報のあまりの多さに、どっかに追いやられたかもしれません。
「Risky」時から散りばめていた伏線の多くが、やっと、ここで結び合わさって1本の線になりました。ああ、長かった。
そして―――意外だったでしょうか。最終的に、奏の果たす役割は、こうなりました。

※23:03追記
最後の方の瑞樹のセリフ、1ヶ所、より意味がすんなり通りやすい言葉にちょっとだけ変更しました(筋に影響は全くありません)。
2005年10月18日(火) No.800

北都まーじゅ(mar)  2005/10/19/00:41:33   No.801
動けない今と、今しかないチャンス……瑞樹の現状を省みると、奏に与えられた役割って多分……とは何となく思ってました。
でもやっぱりこの回は千里さんに尽きますよねぇ……遠きロンドンから、それぞれの傷に苦しむ3人の「子供たち」に救いの道を示してくれて。
今頼るべき相手を見誤らなかったコト……その点では奏は誇りを持っていいと思います。
(もちろん今はそれどころではないんでしょうけど)

under  2005/10/19/04:04:35   No.802
act12、秦の存在がすごく大きく感じられました。彼なりの二人への関わり方、瑞樹にとって重大な事柄である母親の件を彼に任せたこと、佐野との関係の変化、だんだんと秦にかかる物語の比重・立ち居位置の重要性が重くなっていく様に感じました。
これまで秦の存在を、少なからず軽く見ていた事、彼もまた、この物語のキーパーソンであることを痛感しました。

紗崎  2005/10/19/10:04:18   No.803
この話で奏はかなり核心へ踏み込んでしまったようですね。
彼の戸惑いと憤りは解るような気がします。瑞樹の言う通りに奏が北海道へ行くのが正しいのか、それは私には判りません。ただ、ヒロのところへ殴りこみに行こうとしたエネルギーを、今は瑞樹(と蕾夏)のために使って欲しいと思います。

結城とも  2005/10/19/23:32:13   No.804
奏は、瑞樹とも佐野とも友達、というポジションである時点で、重要な存在です。
1〜11話の奏は、この瞬間のために、重要ポジションへの階段をひたすら上ってたようなもんで、それ以外、個人的な葛藤を除いてはあまり目立ったことはしていなかったかも(^^;

「Infinity World」act13 Up!
……眠……。
こんな時間に更新する意味、あるのかなぁ…(現在、1:36)。
でも、真夜中組の人もいるからなぁ。アップしちゃえ。

【13:サチ】
前もってサブタイトル見てた人は予想してたと思うけど、蕾夏の件については、もう1回、焦れていただきます。
(こうして向こうで何が起こってるかわからないようにして、奏のイライラにシンクロさせようという、したたかな作戦)
北海道です。コーンがおいしいですね。でも、奏君を待ってる北海道は、そんなおいしい北海道ではありません。コーラとアイスコーヒーしか飲んでないし。
タイトルどおり、倖です。
あの日記の意味…うーん、まだ、出てきてませんね。とりあえず、「後ろから押したんだろ」説は、かなり薄くなりました。皆様はどう推理するでしょう?
(ただの妄想説が一番有力?(^^;)
秋本の離婚後や日和新聞に入ったいきさつ等は、また後ほどの話で出てまいります。

さて、最後のあのメールの意味は?
ということで、次話、瑞樹と蕾夏です。

※7:53、オフ会総合案内所を更新しました。
 読者様が温泉オフを計画されたようです。興味のある方はご覧下さい。
2005年10月21日(金) No.805

higa  [E-Mail]  2005/10/21/04:57:41   No.806
いまだかつてなくシンクロしました^^;
倖さんの過去…どの人の気持ちを思ってもやるせなくて…奏君,がんばれ;;

日記の記述かー…妄想とまでは思いませんが,自虐的に,わたしのせいみたいに思ってるのでは(「老朽化伝え忘れ」とか「その日,洗濯物をわたしが…」あたり?)と睨んでますが,はてさて?

結城とも  2005/10/21/07:55:42   No.807
あ、良かった、更新した意味あった(笑)
日記に関する推理は、もし正解気づいてても、ここでは内緒にしてねー(^^)
(先に分かっちゃったら、他の読者さんが面白くないだろうから)
※って書いてる段階で、higaさんの推理はハズレと言ってるに等しい?(^^;

 2005/10/21/19:58:41   No.808
か、可哀想、奏君。蟹どころかラーメンさえ食べないでUターンなんて。シクシク……(泣いたとこはそこじゃないだろ!)代わりに、ジンギスカンキャラメルを食すべし。もっと哀しくなると思うから。

 子供の頃から蕾夏が生命力分け与えて貰ったものに、触れに行ったんじゃないかと思ってます。他に思いつかなかったです。

under  2005/10/22/03:14:54   No.809
倖よりも、その父親にも焦点を置いたように思える今回のact13。その分、瑞樹との比較もあって考えさせられます。
もし瑞樹が蕾夏と出会わなかったら、悲劇が繰り返されていたかもしれない。でも瑞樹と祖父の違いとは?と思うと、と正直考えさせられます。明確な答えが見つけられません。次回のタイトルは「the World Ends」。果たして瑞樹と蕾夏に何が起こるのか。正直、気になって仕方がありません.

「Infinity World」act14-1 Up!
うー…、風邪ひきました。
いきなり寒くなるなよなぁ。体がついていかないじゃないか。

アンケート終了しました。ありがとうございました。
この結果を踏まえて、またサイトの充実等々に励みますね。

【14:the World Ends -1-】
いよいよ、皆さんが身悶えて待ってた、瑞樹と蕾夏サイド。今回も千里さんが活躍してます。
奏君が、電話繋がらなくて慌てふためいてた背景には、こんな事実が隠されてました。ああ、迷惑な…。このまま、携帯電話は、奏がメールを受け取る直前まで、ずーっと電源切られたままだったようです。奏君、気の毒…。
今回のタイトルの意味は、最後の方で出てきます。「世界の終わり」じゃないですよ、念のため。
2005年10月23日(日) No.810

ASKA  2005/10/24/02:10:38   No.811
千里さんいいですね。
ああ、今後どうなるんだろ・・・
蕾夏&瑞樹頑張って!!

no name  2005/10/24/08:31:18   No.812
あれ? トップに更新のお知らせが出てない?

結城とも  2005/10/24/09:13:16   No.813
きゃーっ、ごめんなさい!トップと更新履歴をアップし忘れてました(滝汗)

「Infinity World」act14-2 Up!
どうにも結城は、夜型人間ですねぇ…。
昼間、あれほど書けなかったのに、日が沈んだ途端に絶好調ってどういうことよ。
しかも、午前0時過ぎたところが絶好調ピークって、絶対おかしい。
結城:「えーと…止まらないんだけど(←書くのが)」
相方:「…まあ、気が済むまで書けば」
午前2時の会話。そんな訳で、夜中に書き終え、満足して目覚めた後にアップです。

【14:the World Ends -2-】
“この世の果て”に行きます。蕾夏視点です。
少々まともな状態じゃない蕾夏なので、途中、痛々しいです。ご注意下さい。
…ええと。
登場する場所、特定の場所を想定しておりませんので「行きたいですっ!どこですかっ!?」とか訊かないで下さい(^^;
(だからこそ、いつ東京を発ったのかを書いてないのよ…「東京から車で×時間か…南へ行ったならこの辺、北ならこの辺か」とか推理されると困るから)
多分、地球上のどこかに、あんな場所があります。
でも、それがどこなのかは―――瑞樹しか知りません。
2005年10月26日(水) No.814

くろネコ  2005/10/26/09:45:56   No.815
結城さん、皆様、お久し振りです。
現在午前9時48分。今日、仕事が休みだった事に、感謝。
一人ティッシュ抱えて涙と鼻水たらしながら読みました。

nekoneko  2005/10/26/13:21:42   No.816
瑞樹の気持ちが痛くてせつない〜(;´д⊂)

higa  [E-Mail]  2005/10/26/14:25:13   No.817
うわ〜,きましたねー。久々に爽快ですw
何というか…おもわず,握りこぶしですよb

でも,一瞬「そら」が見えてしまったですよ…びっくりでした^^;

なつみかん  2005/10/26/22:17:16   No.818
こんにちわ。いつも楽みに読んでいます。
今回のシーン、私もhigaさんと少し同じなんですが、一瞬多恵子がかつて飛んだ場所かな? とか思いました。

なんか、景色を思い浮かべると、これでついに最終コーナーを回ったのかな? と思わせられるシーンですね。

つばさ  2005/10/27/00:00:47   No.819
俺は「屋久杉」を見に行ったのかと思ってた〜
読んでる最中は、俺も皆と同じで「そら」がよぎりました。

紗崎  2005/10/27/08:10:00   No.820
「屋久杉」は先週のオフでも挙がっていましたね。
全編蕾夏のモノローグという話の流れもちょっと新鮮でした。

結城とも  2005/10/27/08:15:35   No.821
「そら」で多恵子と陸が行ったのは、犬吠埼ですね。
岩だらけで、明らかに全然違う景観だけど、うちの読者さんなら絶対連想するだろうな、と思ってました。ふふふ。
(この世の果てで海とくれば、大抵の人が悪い予想をするだろうなー、てな訳で、蕾夏の悪い予感にシンクロしていただきました)

 2005/10/28/10:11:25   No.822
>「屋久杉」は先週のオフでも
 これは、私ですねー。act13「サチ」読んですぐ思いついたのは、蕾夏がアメリカ時代に落ち込むと桜に抱きついていたというエピソードでした。
 そこから連想して、屋久杉かなーと。でも、1日で往復できないだろ?と数分で否定しましたけど。。。
 ほかに、蕾夏と関係ある樹のってなかったかな?って悩んでました。


「Infinity World」act14-3 Up!
…ちと、限界。(現在、午前2:35)

【14:the World Ends -3-】
希望と不安の入り混じった、第3話。
転んでもただでは起きません、こいつら。
佐野の件から逃避するが如く、2人の意識は完全に別方向へとシフトしていますが…まあ、現段階では、それも仕方ないのかも。
途中、微妙に不安を残してる部分がありますが―――さて。
瑞樹と蕾夏の真の意味での危機は回避できたものの…本当の意味で苦しむのは、ある意味、ここからかもしれません。
2005年10月29日(土) No.823

higa  [E-Mail]  2005/10/29/16:58:12   No.824
倖さんの手紙…気になりますね。まあサブタイトルからして,もうちょい先っぽいですがw

ここからは,ホント2人次第ですね…。
何というか…手を出さずに見守っていきたい感じです(上手くいえませんが^^;

秋本さんのお話が,ものすごく読みたくなってしまいました。外伝とか予定ありませんか?w

70  [E-Mail]  2005/10/30/09:20:51   No.825
奏・・・可愛い(w
奏と同じく秋本氏の恋人が、蕾夏と重なりました。
私も外伝希望です。

結城とも  2005/10/31/00:46:36   No.826
秋本の話は、時代考証が結構大変なのですが、本当は凄く書きたいです。ロングスパンなお話になるけど、ある意味、こっちの方がドラマチックですし。
ところで、奏がやると可愛いのに、これが逆(瑞樹が奏の肩を借りて泣く)だと可愛くない気がするのは、何故でしょう…?


[前の月][TOP][次の月]